2015年1月19日月曜日

おどろき

昨晩も息子はよく起きた。1時にミルクを飲ませてみた。寝ない。むしろ覚醒してしまった。なぜに。お腹がいっぱいになるとフツー、赤ちゃんは眠くなるのでは?2時、おむつを替えてみた。「あ、こんな夜中にお母さんに会っちゃったね!」というような笑顔。おいおい。それからずっとお話。あまりに続くので、「申し訳ないんだけど、お母さんは眠らせていただきます」と声を掛けて、寝たふりを決め込んだ。アー、ウー、ウッ、アウー。話してるなぁ、と思いながら、うとうと。しばらくして、息子が静かになった。はっとして、向こうを向いている息子の口に手を当ててみる。生きているかの確認である。すると息子は振り向いて「また会っちゃったね!」とにっこり。いや、私は寝ていますよ…、と、慌てて寝たふりをしたら、本当に眠ってしまった。たぶん、息子はひとりで眠ったのだろう。(やればできるじゃん!)

朝から息子と予防接種に行ってきた。今回も4種混合、ヒブ、肺炎球菌の3つ。前回の注射後、思いがけず発熱したので、やや不安もある。まだ風邪の治りかけだし。でも、注射前の問診で不安点はすべて先生に相談して、打ってもらった。息子は慣れた様子で、注射はあっさり終了。BCGは残っているけれど、これで、予防接種はしばらくない。とりあえず、終わったー!私のほっとした気持ちが息子にも伝わったのだろうか。待合室で「食っちまうぞー」と息子をくすぐったら、声を上げて笑った。

今日で息子は6ヶ月。こんなことを言うのもナンですが、よくぞ今日まで生きてくれた、というのが正直なところである。こういうの、言葉にしちゃいけないんだろうな。でも、私の腹から出てきた赤ん坊が、自分の意志で笑ったり泣いたり、ごはんを食べたりするなんて。驚愕。そして、ありがたいと思う。

息子はおんぶされて眠っている。いびきまでかいて、ぐっすり。私はラジオを聴きながら、家事やつまみ食い。
先ほどラジオで市原悦子さんが、あの素敵な笑い声の後で「おどろき」と、ゆっくり平仮名で言った。

おい、息子。6ヶ月も生きて、こんなに大きくなるなんて。これから、歩いたり言葉を発したり、病気、動物園、反抗、友達、けんか、学校、初恋、部活、性の目覚め、旅行、テスト、アルバイト、etc……気が遠くなるくらい、いろいろなことが起こるんだね。

ほんと、おどろき。





0 件のコメント:

コメントを投稿